赤門ウイレックス

公開日:2024/06/15
赤門ウイレックス

令和3年に日本の大気汚染防止法が改正され、アスベストに関する法令が強化されたことを受けて、アスベストの調査を実施できる会社を探している方も多いことでしょう。そこで本記事では、独自技術の「アスベスト除去AAA工法」を採用し、安全性の高い調査を実施している赤門ウイレックスの特徴を解説します。

独自技術の「アスベスト除去AAA工法」

赤門ウイレックスは、環境衛生の改善を目的として、さまざまな調査やメンテナンスを行う会社です。赤門ウイレックスのサービス範囲は、ダクトクリーニング、空調設備や衛生設備のメンテナンス、ペストコントロール、調査・測定、微生物検査、食品工場の総合的衛生管理など多岐にわたっています。また、危険なアスベスト(石綿)の除去工事や飛散防止対策も行っており、クリーンルームの清浄度管理、厨房メンテナンス、建築設備工事、リニューアル工事なども手掛けています。

また、赤門ウイレックスは、多くの国家資格や特許、意匠登録証を保持しており、その調査や作業の安全性と信頼性が評価されていることも際立った特徴です。たとえば、アスベスト(石綿)関連の対策では、「アスベスト除去AAA工法」が採用されています。アスベスト除去AAA工法とは、吹付けアスベスト粉じんの飛散防止処理技術であり、既存の建物に施工された吹き付けアスベストを安全に除去できると認められています。

このように、赤門ウイレックスは、多様なサービスと高い技術力、安全性への配慮によって、環境衛生改善の分野で重要な役割を果たしている企業として、もはや社会に欠かせない存在となっています

安全のための取り組み

赤門ウイレックスは、経営理念として「昨日よりも良いものを」「今日を超える『人財』を育成する」「明日の地球に優しい環境衛生管理」という3つの重要な指針を掲げています。さらに創業以来、最も重視しているのは安全です。赤門ウイレックスでは、安全作業、安全行動、安全運転を徹底し、事故や労働災害の発生を未然に防ぐための取り組みを積極的に行っています。

社内では定期的に安全衛生委員会を開催し、労災防止や安全に関する情報の共有と周知を進めています。このような取り組みは、社員全員の安全意識の向上を目指すものであり、実際に安全環境部による検証、分析、改善活動が日々行われています。

さらに、安全作業を確実にするために、安全環境センターという研修施設を開設しているのも特徴です。安全環境センターでは、安全作業に関わるセミナーや実習を実施し、社員のスキルアップと安全意識のさらなる強化を図っています。このように、赤門ウイレックスは、日々の業務を通じて安全を最優先に考えており、安全性の高い調査やサービスが高い評価を受けてます。

赤門ウイレックスのアスベスト対策の流れ

赤門ウイレックスにアスベスト除去を依頼する際、どのような流れで進んでいくのか見ていきましょう。まず、事前調査を行うのが最初のステップです。事前調査では、有資格者が書面による評価や目視での採集、そして分析を行います。アスベストの有無や状態を正確に把握するために不可欠な工程です。

次に、事前調査の結果をもとに発注者への説明が行われます。必要な届け出内容についても、作業前に詳しく説明されます。発注者自身も、安全対策の内容と進行状況を理解するために、欠かせない工程といえるでしょう。また、事前調査の結果は、都道府県知事に報告されます。この報告とともに、記録の作成と保管が行われ、法令に基づく適切な管理がなされます。

次に、施工計画では、事前調査の結果を踏まえて計画書が作成されます。その後、大気汚染防止法石綿障害予防規則に従い、必要な各種届出が行われます。この手続きにより、法令を遵守して作業が進められます。

施工の段階では、アスベストの除去作業が実施され、アスベストの除去後には、廃棄物の処置が行われます。廃棄物処理も、環境への影響を最小限に抑えるため、厳しい基準に基づいて慎重に実施されます。最終的に、作業完了後にも報告書が作成され、発注者に渡されます。

以上が、基本的なアスベスト除去の流れとなります。赤門ウイレックスのアスベスト除去は、安全性、法令遵守、環境への配慮が十分に意識されており、安心して任せられることが最大の魅力です。

まとめ

赤門ウイレックスは、環境衛生改善に関連する調査やサービスを実施している会社で、アスベスト除去では独自の「アスベスト除去AAA工法」を採用しています。独自技術により、安全性の高いアスベスト除去作業を提供していることが大きな特徴です。

また、安全性向上にも力を入れており、社内で安全衛生委員会を開催し、安全環境部による検証・分析・改善活動を行っています。加えて、社員の安全意識向上のため「安全環境センター」でセミナーや実習を実施しています。

赤門ウイレックスの基本情報

会社名赤門ウイレックス株式会社
住所〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1-3-3
電話番号052-201-2680

アスベスト調査・分析業者の比較ポイント

【PR】環境公害センターがおすすめの理由

特定建築物石綿含有建材調査者が在籍

複数の分析方法に対応可能

アスベスト関連法改正当時より分析実績あり

もっと詳しく見てみる
 

愛知県のアスベスト調査・分析業者比較表

イメージ
引用元:https://kankyoukougai.jp/description/asbestos/

引用元:http://www.cosmokankyoeisei.co.jp/works/asbestos.html

引用元:https://www.ttc-web.com/services/p775/

引用元:https://asbestos-nagoya.com/

引用元:https://www.chousabunseki.co.jp/
会社名 環境公害センターコスモ環境衛生コンサルタント東海技術センター太平産業アスベスト調査分析
特徴約50年にわたり、分析・測定・調査によって社会問題解決に取り組んでいる。自然環境問題以外にも、社会環境問題などに取り組み、環境リスク低減に貢献。「環境」「製品開発・品質」「土木・建築」の3つの分野のサービスに対応した、東海地域を中心に環境保全や製品品質管理をおこなう中核機関。ISO/IEC17025試験所認定分析室と連携し、スピーディーなアスベスト調査を実現。最新の機器を使用した検体分析だけではなく、JISA1481-1と電子顕微鏡のダブルチェックでアスベストを見逃さない検査を実施。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】精度の高いアスベストの調査・分析ができる業者の特徴や選び方