アスベストの分析調査にかかる費用や日数の目安

公開日:2023/12/26 最終更新日:2024/01/04
アスベストの分析調査にかかる費用や日数の目安

アスベストの分析方法は大きく分けて3種類です。一般的に調査というと定性分析が選ばれていますが、さらに深い内容や細かな調査による判定も可能。費用は3万円から可能で、期間は1~2週間を要することが多いです。予算やスケジュールなどを考慮し、無理のない計画で分析調査を依頼しましょう。

アスベストの分析方法とは

アスベストの分析方法は3種類あります。アスベストの有無を調査する定性分析。アスベストがどのくらい含まれているのかを調査する定量分析。光や顕微鏡を用いて、アスベストの有無や種類を調べられる偏光顕微鏡を使う分析の3つです。

定性分析

定性分析は、アスベストの有無を判定する分析方法です。提出されたサンプルを人の目で判断するのが特徴です。判定はアスベストがあるかないか、なので早く判定を出すことが可能。いち早く結果が知りたい場合は定性分析を利用することが多いです。

調査は人が行うので、担当者の熟練度や経験年数によって結果が異なる場合があります。時間に余裕がある場合は、定量分析や複数の会社へ分析を依頼すると良いでしょう。

定量分析

定量分析は、アスベストの含有量を調べられる分析方法です。提出されたサンプルあたりのアスベストが、どれだけ含まれているかを調べます。X線を用いて、機械と人の目の2視点から調査するので、定性分析よりも判定に一貫性がある結果が期待できます。

一方で、機械を扱う調査は対応できない業者がある場合があるでしょう。依頼をする会社が対応しているかをホームページや問い合わせで確認しておくと良いです。

偏光顕微鏡による分析

偏光顕微鏡による分析もあります。調べられる内容は定性分析と同じ項目なので、定性分析として含まれている業者が多い方法です。特殊な試薬や光を当てることで、アスベストの有無と種類を判定します。目視だけでなく、科学的な判定材料も使っての判定が行えるのがメリット。定量分析と合わせて使うことで、さらにアスベストが含まれている素材の詳細がわかります。

アスベスト分析調査にかかる費用

アスベストの分析調査にかかる費用は、3~5万円が相場です。検体や検査の種類などによって費用は変わりますが、それほど高額ではありません、検体が多い場合や、精密な検査を希望する場合は、見積もりをとっておくと予算との検討ができるのでおすすめです。

目安は3~5万円

アスベストの調査にかかる費用は、3~5万円です。アスベストの分析は専門資格を持った人が行うので、専門性が高いのが特徴。1件では高いですが、数件合わせて提出することで、1件あたりの費用を少なくできる場合もあります。詳しく公表していない業者もあるので、料金については問い合わせるのが早そうです。

検体が増えれば費用は増える

検体が多くある場合は、それだけ費用が増えます。当たり前ですが、予算を定額で組んでいる場合、検査したい検体数よりも少ない本数しか検査できないこともあります。複数の検査を組み合わせて使いたいと考えている場合も同じです。検査が必要になる本数よりも数本多めに見積もっておくと安心でしょう。

事前に見積もりをとっておくとよい

金額については、パッケージとして表示されている業者が多いです。複数の検体を持ち込んだ場合、検体量がどのくらいかかるのかは、実際に問い合わせてみましょう。予定している検体数と調査プランをあわせて考えることで、調査にかかる費用がわかります。

具体的な数字がわかると予算を組みやすいので、不足することもありません。工事の規模が大きいほど、見積もりを摂っておきましょう。

アスベスト分析調査にかかる日数

アスベストの分析調査には1~2週間ほど時間がかかります。工事開始までに時間がないにも関わらず調査を依頼しても、工期が遅延することになりかねません。無理のないスケジュールを設定し、余裕を持って調査を依頼しましょう。

1~2週間が一般的

アスベストの調査は、判定が出るまでに1~2週間かかります。スピーディーな判定を行う業者もありますが、料金が割高になることもしばしば。少しでも安くしたいのか、早く結果が知りたいのかなど、目的に合わせてプランを選んで利用するのが良いです。

また、調査内容によってはそれ以上の時間を要することもあるので、調査期間はゆとりをもって確保できるのがベスト。最大日数で考えておいたほうが良いかもしれません。

無理のないスケジュール設定を

最短で結果がでる日数をそのままスケジュールに組み込むと、工事が遅延する可能性を持ってしまいます。納品までに数日の幅を設けている業者が多いので、それに合わせたスケジュール設定をしておくのが良いです。業者からの返答を待っていられるスケジュールを設定しましょう。

まとめ

アスベストの分析には3つの方法があります。アスベストの有無を調べる定性分析や偏光顕微鏡を用いた分析。アスベストの量や割合を調べる定量分析。いずれの分析方法にも特徴があるので、より精密に調べるのであれば、組み合わせて使うと良いでしょう。

分析にかかる金額は、3~5万円が一般的な費用です。明確に記載していない業者もあり、検体1つあたりの追加料金などは明記していないケースが多いです。直接問い合わせて見積もりをとると、予算の参考にできます。納品までは1~2週間が目安。無理のないスケジュールを設定し、ゆとりをもって調査を進められると良いです。

アスベスト調査・分析業者の比較ポイント

【PR】環境公害センターがおすすめの理由

特定建築物石綿含有建材調査者が在籍

複数の分析方法に対応可能

アスベスト関連法改正当時より分析実績あり

もっと詳しく見てみる
 

愛知県のアスベスト調査・分析業者比較表

イメージ
引用元:https://kankyoukougai.jp/description/asbestos/

引用元:http://www.cosmokankyoeisei.co.jp/works/asbestos.html

引用元:https://www.ttc-web.com/services/p775/

引用元:https://asbestos-nagoya.com/

引用元:https://www.chousabunseki.co.jp/
会社名 環境公害センターコスモ環境衛生コンサルタント東海技術センター太平産業アスベスト調査分析
特徴約50年にわたり、分析・測定・調査によって社会問題解決に取り組んでいます。自然環境問題以外にも、社会環境問題などに取り組み、環境リスク低減に貢献。「環境」「製品開発・品質」「土木・建築」の3つの分野のサービスに対応した、東海地域を中心に環境保全や製品品質管理をおこなう中核機関。ISO/IEC17025試験所認定分析室と連携し、スピーディーなアスベスト調査を実現。最新の機器を使用した検体分析だけではなく、JISA1481-1と電子顕微鏡のダブルチェックでアスベストを見逃さない検査を実施。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】精度の高いアスベストの調査・分析ができる業者の特徴や選び方